【CES2019】サムスンが見せる有機ELを超える、MicroLEDとはいったい…



突然ですが、有機ELをご存知でしょうか?

有機EL(ゆうきイーエル)とは発光を伴う物理現象であり、その現象を利用した有機発光ダイオード(ゆうきはっこうダイオード、: organic light-emitting diode: OLED)や発光ポリマー (はっこうポリマー、: light emitting polymer: LEP)とも呼ばれる製品一般も指す。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9

といったもので、現在ではテレビやスマートフォンに利用され見聞きしたことのある人も多いと思います。
iPhone X Xsなどもこの有機ELが利用されています。

そんな有機ELを超えるMicroLEDというものがいよいよ身近になってきました。

MicroLEDとは

マイクロLEDディスプレイは、簡単に言うと目に見えないほど小さなLEDが画面上にびっしりと敷き詰められたディスプレイです。

 皆さんのご家庭にもある「LED電球」の中には、電気を通すことで発光する小さなチップが入っています。そのチップよりも更にうんと小さい、わずか100μm(0.1mm)未満という小さなLEDを画面上にびっしりと敷き詰め、それらを発光させることで映像を作り出すのが「マイクロLEDディスプレイ」です。

「赤・緑・青」の3色に発光するLEDを使うので、もちろん映像はカラーです。55インチ相当では各色200万個ずつ、合計600万個を使うと言われています。
液晶ディスプレイとは異なり、自ら発光するためバックライト不要。自発光式のディスプレイとなります。
自発光式のメリットとして、バックライト不要なため黒が真の黒として表現できます。

画質について

圧倒的に差が出るコントラスト
この高いコントラストはメリハリのあるくっきりはっきりした画を映し出すことができます。

方式コントラスト比
液晶3000:1
有機EL10000:1
MicroLED1000000:1

また、MicroLEDは画面の輝度がとても高く、また低消費電力でエコです。そして液晶テレビなどと比べても長寿命がウリです。

サムスンがCES2019で新製品を発表?!

ガジェット好きなら知っている方も多いであろうCES2019で、サムスンからこのMicroLEDを用いた高性能テレビの発売が期待されています!

発表され次第更新したいと思います。